[公式] 佐賀大学農学部 生物環境科学科 北垣研究室HP

九州の佐賀県に設置された佐賀大学の北垣研究室は食経験に安全性を裏打ちされた発酵食品などの伝統食品を素材として、健康や福祉、食品産業、化粧品産業に貢献するイノベーション技術を開発しています。

ニュース:朝日新聞で当研究室の研究成果が紹介されました。
大学院生の藤丸裕貴君が国際学会International Conference on Applied Microbiology and Beneficial Microbesでベストポスター賞を受賞!
麹セラミドの小腸での脂質吸収阻害を発見した岩手大学西向先生との研究成果が日本栄養・食糧学会東北支部大会で受賞!
日本酒酵母が選抜されてきた証拠(染色体数変化)を世界で初めて発見した論文が米国微生物学会誌AEMにアクセプトされました!
甘酒、麹に豊富な麹セラミドが含まれるという研究成果が地上波テレビKBC九州朝日放送NHK福岡/NHK ONLINEで紹介されました!

最近のニュース
研究内容
マスメディアによる紹介
学生の就職先
学生の受賞
新聞・テレビ・学生・企業・消費者の皆様へ
スタッフ
研究業績
麹(こうじ、糀)の機能性

学内講義資料 講義の宿題
English page
公式Facebook

問い合わせ先: ktgkhrs (atmark) cc.saga-u.ac.jp

教授・北垣浩志

内閣府・日本学術会議・連携会員(2010-2011)、文部科学省・学術調査官(2011-2013)
東京大学卒、東京大学大学院修了、国税庁醸造研究所研究員、米国サウスカロライナ医科大学、東京大学大学院・非常勤講師を経て2015年から佐賀大学 教授。

発酵と酵素の機能食品研究会・理事、日本生物工学会・スローフード共生発酵工学研究部会・会長、日本農芸化学会西日本支部・参与、佐賀大学・麹セラミド研究所長

*†科学技術分野の文部科学大臣表彰、*先端技術大賞・特別賞、*日本農学進歩賞、*国際微生物学連盟主催国際学会優秀研究発表賞(指導者)、*日本生物工学会・生物工学奨励賞(江田賞)、日本醸造協会技術賞、*日本農芸化学会トピックス賞、佐賀新聞文化奨励賞、佐賀大学学長表彰・優秀科学技術研究賞・教育功績者表彰、一般社団法人発明協会 発明奨励賞、国際学会International Conference on Applied Microbiology and Beneficial Microbesベストポスター賞(指導者)

主な発表論文:米国生化学・分子生物学会誌J. Biol. Chem. 284(16):10818-30 (2009); 米国微生物学会誌Appl. Environ. Microbiol., 80 (3), 1002-1012 (2014);81(11):3688-98 (2015); 米国化学会誌J. Agric. Food Chem., 60 (46), 11473-82 (2012); Annual Review of Food Sci. Tech., 4, 215-235 (2013); Appl. Microbiol. Biotechnol., 99, 501-515 (2015); 97:6589-600 (2013); 94:273-83 (2012); Mol. Microbiol., 46, 1011-1022 (2002); Critical Rev. Biotechnol. 3, 1-13(2015)

Google scholarの論文被引用数

https://scholar.google.co.jp/citations?user=lShUv0gAAAAJ&hl=ja

学生の就職先:雪印、大関、三和酒類、マンダム、フジッコ、不二家、明太子のふくや、オエノンホールディングス、フランソワ、ヨコオ等